FC2ブログ




ライブの様子や 日常の風景をご覧下さい


プロフィール

黒飛伸二

Author:黒飛伸二
尾道のうたびと(歌手)黒飛伸二です。
ライブや、CD発売などの活動情報をお送りします。



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京都文化祭典’07 京の華舞台
P1010001.jpg

P1010010.jpg

P1010020.jpg

P1010024.jpg


 本番前日 午後0時京都駅に着いた。 
真夏のような カッと照り付ける暑さはなく「夕方には降るのかな」
というじわっとした感じがあった。

 その日の宿に向かうタクシーに乗り込むと運転手は やんわりとした
口調で挨拶をしてくれる。 「何条通りがここで あっちに行くと弁慶
牛若丸で有名な五条大橋が・・」等々。 年配の彼が子供の頃から慣れ
親しんだ京都の町並みもすっかり変わったとか  色々な話を伺う。

 荷物を預けて 行く先は『直指庵』 
大覚寺表門で降りて脇を歩いて向かう  田んぼにはもう穂を垂れかけた
稲の上を数匹の赤トンボ。

 10分ほど歩くとやがて竹薮の日陰が心地良い。
直指庵の山門が見えてくる
 午後の日差しが樹木の陰から庭苔に陰影を際立たせている。
庵に入ると1組の若くないアベックが縁側に腰掛けて「思い出草ノート」
に目を通している。  ・・・・・

 少し離れて同じように座り しばらくはその風景を見やる
微かな風が心地良い。 汗がひく頃にはいつの間にか若い女性が数人
 ある者は向こうの縁側に座って何か話してる。 ある者は卓に向かい
そのノートに一生懸命書きしるしている。

 ここに向かう事も ここでの事も 全て明日の本番に込めよう・・


 夕方には他のメンバーと合流して とあるライブハウスに向かう。
 

 
 
 P1000918.jpg

P1000989.jpg


 食事をして少しアルコールも入ったところで急遽ミニライブになった
そこは古くからある「カントリー&ウェスタン」オンリーのライブハウスだ。
 『直指庵』は 少し場違いな気もしたが 勢いで唄う!
明日は円山! この勢いで頑張ろう^^

 翌朝10時 現場に到着してメンバーと合流。
その日の流れをスタッフから告げられ出演順は割り箸によるくじ引きw
 10バンド中8番目を引く。
すぐにリハーサルが始まり その頃にはお客さんも数人居る。

 午後2時本番スタート! 控え室に俄かに緊張感がある。
待ちの間 舞台袖から客席を覗いてみると 大勢のお客さんが入ってる 中央やや前よりには僕たちの応援に遠くから集まってくれている
団体があった。 心強い! 
 会場の壁には数枚横断幕も貼られていた。
前夜作って頂いたんだな。 ありがとう^^

 本番 紹介MCから 演奏に入る

 メンバーは落ち着いて打ち合わせ通りにイントロに入った

 唄い始める  会場は シーーンとしている


   エンディング・・Am7 でFine


 大きな拍手を頂いた。 悔いのない演奏と唄だったと思う。


   選には漏れたが『直指庵』という曲を 京都で唄えたことに
 満足。 これからだ  頑張って唄っていこう!

 今回のイベントを紹介頂いた方々や 各地から応援に来ていただいた
方々 そしていろいろな応援を頂いた方々に

  心から 『ありがとう』 



 

DSC00397.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

一瞬にして
静寂の世界へ導く歌声が 円山音楽堂に広がり
身じろぎさえもせずに、聞き入る審査員の表情
歌詞に引き込まれる観客の皆さんの表情

木立から吹き抜ける風と共に
直指庵のメロディー♪
黒さんやメンバーの方々の
いつになく 緊張した表情が、
とても印象的でした


皆さんとあの会場で『直指庵』を
耳に出来た感動・・・
本当に素晴らしい時間でした。
お疲れ様♪
【2007/09/11 13:53】 URL | miru☆みる #-[ 編集]


o(*^ー^*)oお疲れ様でした!

思いきり歌って来れたようですね。

私もいつか見に行きたいと思ってます。

これからも頑張って下さい。
【2007/09/11 22:07】 URL | ちろ #-[ 編集]


私の『夢』ってなんだろう。

ああしたいな、こうなるといいな・・・小さな願望、大きな望み・・・いっぱいある。
じゃあ、それに向かって努力をしよう!!なんて考えてコツコツと積み上げていこっていう前向きな意識もあえて持とうとしなかった。
『努力』って言葉も好きじゃないかも。

なんて書くと、活気のない、なんとぐうたらなヤツなんだろうと思われるだろうな。

私の中で今までずぅ~っと『夢』っていう言葉は、どうも居心地が悪く、しっくりとこないものだった。

そんな私の心の中に変化が・・・。

黒さんが、『直指庵を京都で歌うのが夢』と公言された。
物を斜めに見て、他の人には気にならないようなちょっとしたシミやゆがみが気になって、そのものすべてが受け入れられない。拒否反応を起こす。そんな感じだったような気がする。
『夢』とか『努力』とか・・・そんな言葉がきれい事のように思えてしまって・・・。

人から見れば、「それを努力と言うのよ。」「それが夢なのね。」って言われる。
知らず知らずのうちに夢を追いかけ努力をしてる自分がいたのは、本当は自分はなんとなく気づいて気づかぬ振りをしていた。

自分の生き方に正直に動く自分は、いつもしんどい方へと道を選ぶ。だから、夢を語りたくないのかも。そんな難儀な性格ゆえ、しんどい事から逃げたいからなのかも。夢なんか語ったら頑張らなきゃいけない。楽しめばいいことなのにね。
くそ真面目君は不器用ですから・・・。

黒さんのひとつの夢が叶ったその場で、その緊張感と達成感と悔しさと・・・大きな感動のそのほんの少しでも感じ取れたことに本当に感謝。

今、ちょっとねじれた心をほぐして、私の夢はね・・って、素直な心になって話してみたいと思える自分がいる。



    
      「あのね、私の夢はね・・・・・」




長々と失礼しましたm(__)m
【2007/09/12 00:57】 URL | きらきらがらす玉 #yg9SbDIk[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。